《苦言一束 他九》

一. 苦言一束  市民時報 S26. 二月十日(水)
二. 民家の保護 朝日新聞S39
三. わが青春の本 芦花と紅葉 中日新聞S45 9月
四. 卯の花 毎日新聞
五. ふるさとの今昔 朝日新聞 息吹く江戸文化 のち学芸書林から單行本
六. 焼物修行 S48 7月 毎日新聞(東海散歩)
七. 東北ノ観光地に学ぶ 飛騨民芸協会通信 市民時報
八. 赤木清さん 江馬修遺稿集
九. 五月の頃 朝日新聞
十. 季節の味(アブラエ) 朝日新聞

  • 苦言一束 髙山祭に寄せて

    昭和廿三年二月十日の水曜日発行
    市民時報にかいたものでこの續を書いたと思うが残っていない。

髙山祭に寄せて

 正月の名古屋驛はスキーかついだお客でゴッタ返していた。信州に行く汽車に乗ることができず引返した人が多くあるのに髙山線沿線のスキー場に来る人は無かった。名古屋驛には十数種の信州側のスキー誘致ポスターが貼られているのに飛騨側のポスターは一個も見あたらない。
 昨年坂上(サカガミ)のポスターを見て来た私の友人達は吊橋に驚ろいて「楽に渡れる様に架替ったら又来る」といって帰った。いかに施設の貧弱のことよ、宣傳の下手なことよだ――。

 最近本年度の観光スケジュウルなるものを見て驚ろいた。山王祭から八幡祭の大祭までの期間、駅前に杉葉の大鳥居を建てるというのである。
 一体杉の鳥居がどれほど宣傳効果があるか。駅を降りた人が鳥居を見て喜こぶだらうか。少なくとも飛騨号を走らせたいというのであるからこれまでのように髙山周辺の人々を髙山に集めるつもりではなからう。それならば珍らしくもない、美しくもない鳥居を駅を降りてから見せるより、汽車に乗る人を一人でも多くしなければならない事がおわかりになりませんか。

 杉葉鳥居を作る費用で名古屋や岐阜、富山の駅に四月一日頃から髙山祭を宣伝なさい。写眞は写眞屋アマチャー氏の芸術的香りの髙い(絵葉書写眞でないこと)写眞の原版を借りて廿センチ――三センチの写眞を作り三尺ぐらゐの壁面に四尺ぐらゐの足を付け、これをいくつもつないで折畳式の屏風の様にして裏表を利用すると場所もとらず効果がある。鉄道とタイアップして待合室にも天気の良い時駅前の野天に置いても良い。又名古屋駅のような広いコンコースある駅は相当大きなものでも差しつかえない。
 これを一度作って置けば登山スキー或は飛騨の風物等、時に折に写眞を取替て使うことができる。まづ駅前に鳥居を作るよりわこの方をお進めする。

 またポスター三千枚をとか作られるそうですが先年の山王大祭のポスターは十数年前の大祭の時の圖案をそのまま使ったという呆れかえったものであった。優秀なポスターはそれだけ宣伝力があることを知るべきである。
 また今までのに出たポスターは色調が悪く陰気な物が多いがもっと明るい色調にすべきである。祭のポスターは下手な圖案を書いてもらうより屋台(エビス台、五台山、鳩峰車)の斜めうしろより見た写眞を原色にして使ったほうが効果がある。

↑目次に戻る

  • 民家の保護

    朝日新聞学芸欄に書いたものである 昭和39年

 洛中洛外の圖を見ると町の中でもムシロを掛けた家がある。農家ではムシロを吊り土間に藁を敷いて生活した時代は明治の初期まで續いたものと思われる。私の子供の時代は戸を開けて締めないでをくと “コモカケ育ち” といってしかられたものである。コモカケというのはコジキの代名詞のようなものであるが実は農家にもコモカケの家があったのである。

 明治の始じめ歐米の文化が入ると古いものは片っはしからこわした。ことに城などは無用の長物とばかりに次々とこわした。そのうち文部省は古い建造物の保護にのりだし特別保護建造物という制度を作ったがこれには庶民の生活にはほど遠い寺院、城郭、宮殿等でのちに民家も加えられたがそれは庶民とは縁のない大きな邸宅に限られていた。実際に庶民が生活し子孫を育ぶくみえんえんと續いた厂史あとをしる民家や民具が保護される様になったのは、戦後文化財保護委員会が発足してからである。
 文化財委員会が民家の場合、重要民俗資料の對照とするのは現地にあるもので、移築したものは指定の對照から除外したのは最もできしたそちであらうと思われる。

 民家はその土地に出来るものを材料を使用しその土地風土に合うように造られたもので金にあかして遠方より珍貴な材料を集めた大邸宅や宮殿とは違うものである。最近古い民家を保護のめいもくで中央に移築集中しようとする動きがある。これなどははたして良いことであらうか。民家はその土地の空気をすい雨や風、また雪をのせてきたものである。その土地にあってこそ意義がある。
 飛騨の山奥の家や民具を東京まで見に行かねば見えないなどということになったらどうであらう。こんな馬鹿げたことはない。しかし現実はそうしたことになりつつある。民家や民具を現地で保存するほうさくを早急にたどる必要がある。

↑目次に戻る

  • わが青春の本 大正時代の暗さの中で華麗な小説の世界を知る

    昭和四十五年九月
    中日新聞に我が青春の本として書いたもので、副題に「蘆花と紅葉」として著者と作品には蘆花と紅葉の作品の説明が入れてあった

 私の青春時代は暗い時代であった、と思う。憲政会の政府の消極政策は深刻な不景気を生み、当時京都の泉涌寺で陶画を描いていた私も仕事がなくなった。
 町々はマージャンがはやり始め、 “私のラバサン酋長の娘 色が黒いが南洋じゃ美人” とカフェから歌声が聞こえた。プロレタリヤ文学が盛んで “円本” がはんらんしていた。

 当時の私は故郷がなつかしく郷土の作家の本をあさった。森田草平の “煤煙” や江馬修の “受難者” などを讀んだが、この大正の自然主義文学のくどくどしい描写は、私には好きになれなかった。少年時代 “豆本” という昨今の漫画のような英雄豪傑のでてくる本を讀みみふけったものであるが、これがあきた頃、友達の家から借りてきたのが蘆花の “不如帰” であった。小学六年生がこの本を讀んで驚き小説とはこうゆうものだと初めて知った。圖書館で紅葉の “金色夜叉” を見つけて借りようとして小学校を定年でやめて圖書館に勤めている先生に、お前らの讀む本でないとしかられたが、かくれて讀んだ。この少年時代に讀んだ流暢な明治文学の名文が頭から離れず、大正文学忌避になったと思う。 “今昔物語” を讀んだのは “飛騨の匠” や “猿丸” を讀みたかったのであり、 “平家物語” を讀んだのは巻頭の劔の巻の小鳥丸の太刀の項を讀みたかったからである。しかしあの大仏殿が重衡に攻められ炎上する場面の描写に感激したのは今でも忘れられない。くずれゆく平家の末路の哀れさが身にしみて感じたのも、当時の世相の暗さのせいだったかと思われる。

 京都で職を失い再度瀬戸市に行ったのは昭和六年か七年だったか、瀬戸で隣に住んだ宵堂老人の本棚から引ぱり出した本が白楽天の詩集だった。詩というものが森羅万象これほど美しく表現できるものかと驚ろき、誌のとりこになりかけたとき、中島彰壹氏にいわれたのが “商人は浅く広く、工人は深く狭く” ということわざであった。私の文学書を讀むものはここで終ったといっていい。それまで持っていた本を売って、世界美術全集を買った。私の美術工芸への開眼はこの全集から始まった。
その後、陶磁器に関する参考書が、私の青春は埋った。また髙山から送られてくる “ひだびと” という月刊誌が私を民俗の世界に引込んだ。いつかは飛騨に帰る。飛騨の厂史や民俗を知っておかねばならないと飛騨で発行される本を求めて讀んだ。
 私の青春時代は浮いたはなやかな時代ではなかった。不景気だった。満州事変も起きた。青春時代に讀んだ本、見た本、考古民俗の本は、後年私の役に立っていると思う。

↑目次に戻る

  • 卯の花 昭和廿年六月

    この文は毎日新聞に書いたものであるが季節のずれがあるというので焼物修行に書き替えたので発表しなかったものである。

 咲き遅れた卯ノ花が梅雨に打たれている。雨にぬれた、おくれの卯ノ花を見る頃になると、いつも終戦の年の六月のことを思いだす。三十才を過ぎて海軍に招集され對潜学校を出たが、乗る船はなく、校門を出たときからジプシー部隊となった。

『舞鶴へくるときは傘もってこい』といわれた雨の多い舞鶴へ呉から移動したのが六月であった。舞鶴での仕事は、堅い土を掘り起して芋を植えることであった。雨で冷たく濡れ、肌は汗でむされ、皮膚病になっても薬はなかった。やがて百五十人ほどの部隊を編成すると、生産兵という名で京都の日本電池で電池をつくる作業をすることになった。京都は二十代の頃一年間暮らした所であり、陰気な舞鶴から開放される喜びで、山陰線の汽車の中は明るい気分が支配していた。

京都での仕事・電池造りは人間の体を磨りつぶすようなものであった。この工場には龍谷大学の学生が勤労動員されていて、そのなかにかつて私が住み陶業に從事していた泉涌寺町から来ている学生がおり、彼れから泉涌寺かいわいの話を聞くのが救いであった。しかし一旦宿舎に帰れば地獄であった。

上官は兵卒の落度をさがすのに鵜の目鷹の目、落度がなければつくりだしてでも丸太ん棒で尻を叩く。彼れらは必らず、上官の命令は天皇の命であるといい、叩くことは山本権兵衛が始たのだから、恨むなら権兵衛を恨らめといった。私達の尻は内出血で黒いすじが何本もついた。こうした兵の中に、唯一人平気で、たたかれても、なぐられても自若としているのがいた。彼れにその心境を聞くと、
『上官、あんなものは地獄の羅卒さ。世の中で一番下等なやつじゃ。下級のものをいじめて喜こんでいる。たんと喜ばせてやれ。君らも叩かれんように気を使うより、たたかれていたほうが気が楽だぞ。禅宗の坊主の修行はこんな生やさしいものではない。相手が羅卒でのうて知識のある坊主だから。』
と答えた。目がさめる思いがしたが、とてもまねはできなかった。

 宿舎の廣間の窓は東に向かっており、東山が見渡せた。私は清水の塔が見えないかと毎日ながめたが見える日は少なかった。そのうち『今日はたくさん使った』『今日は使いかたが少ない』などと一人言をいう兵がいるのに気がついた。何のことかと聞くと『目の前のガスよ』という。この男、宿舎の前のガスタンクの、上ったり下がったりするのを毎日見ていたのである。こんなものに興味をもったのは『この窓から見えるもので動くものはタンクだけだから』という。なるほど窓から見える動くものは雲のほかガスタンクだけであった。窓のない、あるいはあっても何も見えない部屋に閉じ込められたら生きる望みを失うかもしれない。靜と動のアンバランスが人間をささえていることを知った。

 卯の花はもう一、二日で散ってしまう。

↑目次に戻る